タグ:浜名湖 ( 94 ) タグの人気記事

風のち風・・・

あれほど出来なかった台風が、このところ量産体制になったかの様ですね。
そのせいで1週空けての浜名湖となりました。

あまりいい予報の出ていなかった土曜日・・・今日はSG山さんとバディを組んでの出船です。

到着した“沖”さんの駐車場で既に・・・あ、結構吹いてますね・・・・


更にもっとショッキングな光景が・・・
駐車場に溢れる大勢のフライマン(笑)
恐らく今までで一番多かったんじゃないかと思える程の人数でした。



f0213796_22154355.jpg

またまた満潮からのスタートの本日・・・思い当たる場所には、既に人影が見えます。
相談の結果、腹を括って腰深のエリアに降りて時合いを待つ事に。

・・が、今日はどうもよろしくない感じ・・
チーバスのさざ波は見られるものの、黒鯛のナーバスウォーターは皆無。
早々に強くなりだした南東風に、早くも心が折れ掛かります。

ひとまず風裏エリアに移動してみると、波間にちらほらとグレーの影が動いている。
下げ始めた潮に誘われて数匹ずつのグループがフラットに入り始めた様です。

しかし・・良い水深になる頃には、影は細長く・・・ボラのものに変わってしまいました。




風は強いまま・・・・

ぼちぼち時合いに差し掛かるので、いつまでも手をこまねいている訳にもいきません。



f0213796_22154901.jpg

船を降りて歩き出すと、風濁りの入り出したフラットですが思いの外 魚の影があります。
中には濁りのせいで足元近くまで気付かずに(お互いにですが・・)近づいて来るものまで・・・・

切れ切れの日照が戻ると、一帯にはグレーと黒の影が混在・・・・
アプローチを繰り返しますが、まだ口を使わない感じです。

やがて・・・・
少ないながらもテーリングや波紋が見られる様になってきた頃・・
ボラの気配が別のものに変わってゆきます・・・・

強い風はそのまま・・・

逆光の波間に一瞬だけ薄らとナーバスウォーターが・・
キャスト・・・・・
フライは奇跡的に絶妙な位置に着水・・・・
スッとフライを動かすと、波紋の先端が盛り上がって揺れる・・・
同時に、ラインをつまんだ左手にいつもの感触が伝わって・・

ゆっくり・・ゆっくり・・・
重みを感じてストリップストライク!!

ひと暴れの後はいつもの様にスルスルと寄って来る・・・・これはもしかして・・
ラインを巻き取る間もなく距離が詰まって・・・・・・“ガボッ!!” やっぱりいつもの距離で豹変・・
!!
ロッドがのされる程の強烈な突っ込み・・
気を抜くとティペットがいっちゃいそうです。





f0213796_22153299.jpg
47cm・・


この後、ボラと混在となった中から、怪しい波紋のみを狙って二回り小さいサイズを追加すると、
いよいよ2匹の壁越えのプレッシャーが・・・

テーリングに嫌われ・・・

怪しい波紋の脇では・・
モゾモゾ・・・
もうひと噛みで合わせようとしたら・・シーン・・・


結局、今日も2匹の壁は越えられず・・・・
まあ、この日の風の中では良くやれた方でしょうかねぇ~。

by prawnpopper | 2016-09-07 22:31 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

悔しい一日・・・

20日(土)
やっぱり苦手な満潮スタート・・

f0213796_11172742.jpg

今回は総勢5名のチーム・・2艘の船に2/3に分かれて出発です。


ほどなく魚の気配の多いエリアに降り立ちます・・が、
思ったより潮位が高い・・・
クロダイは確実に入っているものの、それ以前に深すぎる水深と絶好調に効いている潮が思う様にさせてくれません。

唯一のチャンスはフライの届く位置でのボイル・・・
キャスト・・・と、何度ロッドを振ってもフライが持ち上がらない・・・??
ラインを辿ってみれば、ボイルの主より先にフライを咥えたのはフラットを席巻するチーバスちゃんでした・・

フックを外した頃には、水面は何事も無かったかのように静寂に・・・(泣)


この時点でピーンときました・・・これはマズイ・・・


僕は最近頓に感じる様になりました。
“劇的に運の悪い日”が存在する事に・・・。

この日、早朝のこの一件に始まり・・時合い間近の頃には・・・


魚っ気の無いフラットを歩くこと暫し・・・
切れ切れの雲の多いこの日は、魚の見え具合が日照で劇的に変わってしまいます。
強い日射しのタイミングでやっとグレーのシルエットを見つけフォルスキャストに入ると・・
フッ・・・と、電気を消したかの様に暗くなる・・
吹き始めた風の波も重なって、やっと見つけたシルエットは全く見えなくなってしまいました。

・・・そのまま水面を凝視して我慢の時・・・
漸く太陽が顔を出した頃・・見つめていたその位置にはアマモが揺れているだけ・・・

さあこの時合いからと期待が高まったのとは裏腹に、今度は待てど暮らせど日照が戻ってこない・・・
空を見上げると、トラウマを呼び起こす様な光景が・・・
舘山寺の辺りを黒雲が覆って、その下には白い靄が掛かっている。
風は背中からの南東風・・普通なら雲はこちらには来ない筈ですが・・・
雲の進行方向は南西・・・稲光こそ見えませんが、何とも嫌な感じです。
1発目の落雷を受ける訳にはいかないので、チラチラ空を見上げながら間合いを計りつつ進みます。



小雨だけを落して雲が薄くなった頃・・・時々テーリングが見られる様になりました。

・・ところが、これが甘噛み君ばかり・・・
どんなにじっくり誘っても決定的に食ってくれない。

ゆっくりと辺りを黒鯛の気配が満たすものの、状況は変わらず・・・

遠くからHさんの時合到来の声が掛かりますが、そこまでの間には既に黒鯛が散在していて足止めを食ってしまう。
これを無暗に走らせる事も出来ません。

漸く辿り着いた僕に場所を譲ってもらいましたがワンタッチの連続・・
ふと気が付けばテールの形が変わり、ボラに覆い尽くされて万事休す・・



同行の皆さんが魚を手にする中・・
まだ一帯に魚の気配はあったものの、この一日の内容に全く納得のいかなかった僕は
ギブアップを宣言・・
f0213796_11164183.jpg

何とも出来なかった技量不足を実感する一日となりました。

by prawnpopper | 2016-08-29 22:29 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

2匹の壁・・・

何とか今週こそ午前中のキャッチを・・・・




安定した風と日照を得られそうなこの日、
目指すのはプレッシャー(自分への)の無い一日・・・


満潮間近の時合いから始まる一日は、どちらかと言うと僕は苦手な潮周りです。
ポイントが多くなるソコリは夕方に近く、今日は上げ潮の時合いは殆ど当てに出来ません。


入ろうと思っていたエリアに向かう途中・・・その前に別のエリアを見てみると・・・・・
実に良い感じです。
凪いだ鏡の水面には、沢山の生命感が感じられます。



さっそく瀬に降りると、まだ結構な速さの潮が効いています。
時合いを計りつつ右へ左へとキャストしてゆく・・
こう言う時は無風だと助かるんですけどね・・

少ないながらも水を割って現れる鰭と、ナーバスウォーター・・
でも無風下では、相当静かに置いているつもりのフライでも逃げちゃいます。

魚の動きが少し落ち着いた感じに変わった頃・・・生命感の一つにキャスト・・・
ズリッ・・ズルル・・・・
・・グッ・・と押さえる様に重くなり・・クッ・・ククッ・・とラインが走る・・・

スラックを見ながらストリップストライク!!
ギラッ!!! 魚体が水中で銀色に輝く・・・
シーバス?
しかし、走り出しても一向に水面には出ようとしない・・・
これは・・切れのいい引き味と銀色の魚体・・ピンときました。
f0213796_16451545.jpg
44cmのキビレ・・
クロダイとはまた違った精悍なファイターです。

時計を見ると10時前・・
肩の荷を下すとは正にこの事かと笑いが込み上げてきました(笑)



午後・・・


良い感じの潮位の瀬には良い感じの魚達が・・
一帯にはクロダイが散開して就餌中。

小さく覗く鰭の先を狙ってゆきます。
微妙な距離が縮まらないので膝立ち形態へとトランスフォーム!!

ジリジリと詰め寄って・・
覗いた小指の先ほどの鰭に向かってプレゼンテーション・・・

・・ツ・・ツツッ・・・ゴツッ・・
感触と同時に水面が乱れる・・・手に伝わる感触と波紋の同調する至福の瞬間です!!
重みを感じるラインをストリップ!

ゴボッ!!
飛沫と同時に横走り・・
理想的な駆引きでのフッキングでした。


キャッチしたのはほぼ同寸のクロダイ。



西日の中、夕刻にあったテーリングはやっぱり手強い・・・
数回のタッチはあったものの、甘噛みのあとは全く・・・

f0213796_17044403.jpg

本日の釣果も2匹・・・
トロ箱写真への道は険しい・・・

by prawnpopper | 2016-08-11 17:08 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(2)

良いのか悪いのか・・・その2

さて2日目・・・

この日はAさんの車に便乗させてもらっての釣行です。
AさんはHさんとバディを組み、僕はHzさんとバディを組んでの出船。

誰かを乗せるのは、いつもよりプレッシャーが大きくなります。
守りに入らず、こんな時はいつも通りに自信を持って行動しましょう(笑)


f0213796_22495969.jpg




最初のエリア・・・
凪いだ水面には・・・・気配があります。
ただ・・・ちょっと入るタイミングを早まった様で、背後の相手と戦う羽目になってしまいました。

随分多くのクロダイが入った様で、そこかしこに波紋と鰭が出るは出るは・・
・・なんですが、またしても魔の時間・・・

やっぱり“合言葉”を果たす事は出来ず、時合はソコリに・・・



波紋と鰭を見つけてはキャスト・・
時々タッチはあるものの、甘噛みばかり。





ゆっくりと時間が過ぎ・・・・





潮が効き始める・・・・・




フラットの潮位が上がるにつれて、波紋の種類が変わって、
ボラの物だけだった忙しないそれは、ひとつ・・ふたつ・・・・
違う形態のものが混ざる様になりました。

今日はサイトにはもってこいの晴天で、良い感じに日照があります。
丸見えの波間に幅の広い魚体が見られる様になり、こちらの期待も高くなります。

しかし、魔の時間は続いていました・・・

触らない・・
ボラかと思いましたが、鰭は間違いなくクロダイのものです。



半切れが戻り掛けた頃・・・

20mほど離れた位置をこちらへ進行中の二つの黒いシルエット・・・。

タイミングを計って15m辺りでキャスト・・・

影のコースがフライへ向かった様に見える・・・・・


ひと引き・・・ラインに伝わるのは波とは違う生命感・・

ゆっくり聞く様に・・・

ラインを張って・・・・ストライク!!


案外すんなりとフィッシュグリップを掛ける事が出来たのは・・・
f0213796_22493137.jpg
まずまずのサイズ・・


直ぐに二回り小さいサイズを追加して、本日の時合いは終了。

まだまだ課題山積の浜名湖でした・・・。

by prawnpopper | 2016-08-02 23:02 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

良いのか悪いのか・・・その1

今週は、1週間に2回・・

まずは1日目。

毎回、「早い時間に取りたい!!」を合言葉に出船するものの、案の定の状況・・・。
いきなりナーバスウォーターもテーリングも全く口を使わない魔の時間に突入。

始めの内はいいんですが、あんまりこの時間が続くと半切れの精神状態に追い込まれてしまうので、何とかしたいんですけどね・・・。

それでも・・・
今年はツンデレの浜名湖、
時合いが来れば、タッチが増えて・・・
f0213796_16064898.jpg
ちょっと小さめですがキャッチ出来ました。



しかし・・・
これで終わらなかったのが、この日。

手持ち撮影をしようと船縁にセッティングしたデジカメが“ポロッ”と水中へ・・
まあ防水だからいいかと、さほど慌てる事もなく拾い上げて・・・・
電源が落ちてる・・?
何だこりゃ って思いながら、電源ボタンを押す・・戻った画面がすぐにブラックアウト・・・!?

開・い・て・る・・・・・・・・・・・・
そう、ゴリラポッドのアタッチメントに押されて全開ではありませんが、バッテリーBOXの蓋は半開き・・

まだ1年少々しか使っていないTG-3はあの世へと旅立ちました・・合掌。
ダブルロックになっているのですが、何かの拍子に解除されて開いてしまう事があったんですよね・・・
気付いていた事を見落としての事態に、口惜しいやらデジカメに申し訳ないやら・・・。
今回はスマホショットのみの画像でした。

by prawnpopper | 2016-07-31 16:11 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

何だか変な感じ・・・

なんだか今年はいつもと違う感じ・・・

すんなり食ってくれない・・・。
ナーバスウォーターや鰭を前にして途方に暮れる事が多いです。
f0213796_10370333.jpg
中潮の本日、下げ時合からのスタートです。


いつもなら鰭と波紋で賑やかな場所は沈黙・・・。

移動した先も、ほぼボラのテリトリーと化しています。




再移動・・・
そこは、移動中の黒鯛が立ち寄る、“瀬の駅”的な場所の様です。
移動して来るナーバスウォーターは、ひと時必ず鰭を見せて行きます。

ところが、もう“頂きオーラ”いっぱいの僕を待っていたのは、完封負け・・。
あれこれ散々試しても全く触ってくれません。
諦めて昼寝を決め込むと、ボートの周りにはやる気の無い黒鯛が漂う様に浮いています。



仕切り直しての別エリア・・。
波間にはいくつかの気配があります。


ある時合いから、フライに触る事の無かった黒鯛たちのスイッチが入ったのが感じられました。

数匹単位のグループが、目の前で次々と鰭を見せてゆく・・・・

ベストなアプローチが決まって・・
f0213796_10371142.jpg
今日も一安心です!




そして夕方・・

別チームと合流すると、「一緒にどうぞ!!」 と願ってもないお誘いを頂きました。
迷わずお言葉に甘えて、少し離れた位置からエントリーします。

ゆっくり進んで目を凝らすと・・・
いくつかの波紋・・・・

順にアプローチをしていると、
左手から大きなナーバスウォーターがやって来ます。

比較的スローな移動速度は焦らず狙いを定められるのか・・フライも1発でいい位置に着水してくれます。

リトリーブ・・・・・

ナーバスウォーターが乱れて薄れる・・・・

一呼吸あって左手にモソッと感触が伝わって・・・

モソ・・モソ・・・モソモソモソ・・・・・

流れでラインが張ったタイミングで合わせる!

ガボッと波が立ってロッドが曲がる・・・が、何だかあっさりと寄って来ちゃいます。
・・・スルスルと5m程まで来て、波間に白い口が見えて目が合う・・・・
!!
一転、向きを変えて猛ダッシュが始まりました。
久し振りのバットまで絞り込まれる強烈な引き・・・
手元に残っていたランニングが指に絡みつくハプニングがあり冷や汗ものでしたが、何とかクリア。

繰り返す突っ込みと、周りを数周される特有の間合いを堪え、足元へ導く。

キャッチしたのは50cmを僅かに切るグッドサイズ。
f0213796_10374894.jpg
超結果オーライ・・
でも欲を言えば、1日の内のこの落差を何とかしたいですね。

by prawnpopper | 2016-07-18 11:40 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

今年も浜名湖の季節・・・

急遽・・・
f0213796_22352456.jpg

他に使おうとヘソクっていた資金を掻き集めてのニューロッドです。



さぁて・・この日の釣行はウェア・ロッドと二つの新アイテムを投入してのトライ。
ボウズ癖を付けてはいけないプレッシャーに押し潰されそうです(笑)

そんな不安を知ってか知らずか・・・
早々に遭遇した尾鰭を出して就餌中の黒鯛へとフライを届けますが、反応は甘噛みばかり・・・
まだ今一つ水温の安定しないこの時期は、まだまだ僕には難しいですね。

諦めて船に戻る途中・・・
微妙な波紋に目を凝らすと、時々鰭が覗きます。
ボラ?
黒鯛?
双方混在する様ですが、間違いなく黒鯛が混ざっている・・・

移動して来る個体をロックオンしてフライを見せてゆきます。
静かに向きを変える個体・・
あからさまに回避する個体・・・
霞の様に消え去る個体・・・・・



その内にフライへのタッチが増え、時合到来の予感が・・・

・・と、アマモの向こうに気配・・・
揺れていた藻の間から黒い鰭が立ち上がる。
願ってもない距離と向きです。

フライを落とす・・・

鰭はそのまま揺れている・・・・

フライを動かす・・・・・・・・・

モソモソ・・・・・

良いファイトを見せてフィッシュグリップにキャッチされたのは・・
f0213796_10302009.jpg

一気にプレッシャーから解放された6月の一日でした(笑)



by prawnpopper | 2016-07-18 10:34 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(4)

浜名湖 これにて・・・

雨予想だった週末の天気予報も、前日に晴れ予想に変わり・・・
f0213796_21285528.jpg
こんな天気からのスタートです。


風も無く、また真っ白でペッタンコの水面と睨めっこして思案します。
波紋・・・・・
無し
海苔網作業の方が少し・・・

今回も少し距離を取って立って行くと、ほどなく横を通ってまた1艘入って来ました。
潮がまだ高めなので様子見と思っていましたが、賑やかになる前に一旦退散です。




More
by prawnpopper | 2015-10-18 21:53 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

浜名湖 最後の追い込み・・・

雲多く・・・波静か・・・・
f0213796_18294941.jpg

良い様な悪い様な・・
ここから状況がどう変わるかがカギになります。




村櫛漁港を出て潮位を見ながら進みます。
目星を付けていたポイントは・・
入りたかった位置には海苔の杭打ち作業の方が入っています。
少し距離をとった位置に人気のないエリアがあり、潮位もいい感じになりつつあるので迷わずアンカーを下します。



More
by prawnpopper | 2015-10-12 18:49 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)

浜名湖・・晩秋へ・・・

浜名湖も早朝は随分と冷える様になりました。
陽が高くなるまではソフトシェルのレイヤリングが欠かせません。


東風5mの強風予想だった筈の小雨の午前も・・・
f0213796_21581015.jpg
予報は見事に外れ、ほぼ凪・・南西の微風少し・・・
ソコリの水深と相まってこれは厳しい。


この時期になると“落ち”を意識した荒食いをする群れに出会う事があります。
やや小規模なグループですが、潮下から到着した群れが20m程先でかたまって鰭を揺らしています。
フライを流し込んでゆくと・・・“コン”・・“グン”・・“モソモソ”・・とタッチはあるものの決定打がありません。
時合いは短く、幾つかの群れが通り過ぎると さっきまでの喧騒が嘘の様に・・・。



More
by prawnpopper | 2015-10-09 22:12 | 浜名湖サイトフィッシング | Comments(0)


フライフィッシングのこと 浜名湖のポッパーゲームなど


by prawnpopper

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Flyfishing
浜名湖ポッパーゲーム
Fly Tyeing
お知らせ
お店
日々のこと
浜名湖サイトフィッシング
学習
クロダイゲーム
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

お気に入りブログ

岡田裕師のブログ
THOMAS&THOMA...
鈴木寿のブログ フライ...
Tomorrow is ...
ひさの日記
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
釣りたいフライフィッシャ...
Fly Casting ...

外部リンク

リンク

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ファン

検索

タグ

(94)
(54)
(40)
(39)
(34)
(27)
(26)
(24)
(21)
(19)

最新の記事

なんだか複雑な解禁日・・・
at 2017-03-05 22:35
’17シーズンの幕開け・・・
at 2017-02-07 23:19
2017年・・・
at 2017-01-09 22:36
やり残した事・・・盆休みネタ・・
at 2017-01-08 22:12
南西へと走る・・・
at 2016-11-14 22:55

記事ランキング

ブログジャンル

アウトドア
釣り

画像一覧